灯油ストーブと電気ストーブどっちが安い?Kw換算で計算してみた

お金
お金

灯油ストーブと電気ストーブどっちがいいのか

雪国永遠の課題

最近寒くなってきましたね、私のところではもう雪が降りました。

雪国での大きな悩み、それは暖房費です。
特に私の住む地域では冬は-20℃まで下がります。

会社の先輩方の話を聞くと暖房費は月に数万円という方がほとんどです。

もちろんこれらは節約したい出費。

そこで今回は灯油ストーブと電気ストーブどちらが安いのかについて考えてみました。

この記事の内容はこちらの動画と同様です。時間があれば見てみて下さい。

灯油と電気で単純に値段を比較してみる

KW換算で計算してみる。

ちなみに僕は今築30年の木造4LDKで生活していますが、この広さの家に対して暖房器具はこの灯油ストーブ一つ、どう考えても足りません。設計士は雪男なのでしょうか。

まずはこの灯油ストーブを例にして計算してみましょう。

電気と灯油の単位を合わせるため、Kwあたりの値段を算出します。

ストーブの説明書を見てみると、最大出力時は0.768Lの灯油を消費して6.8kwの暖房能力を出せます。

ストーブ 出力

暖房能力1KWあたりに必要な燃料は、
0.768L/6.8KW=0.11Lです。

2021年10月現在、灯油1L当たりの値段は106円。つまり灯油0.11Lの値段は、
106円×0.11=11.6円

最終的に灯油は1Kwあたり11.6円の費用が掛かることが分かりました。

続いて電気ストーブです。

電気は簡単で、各電力会社のホームページに書いてます。

最安でも23円、つまり灯油の倍です。

まとめ

いままで何となく感じてはいましたが、圧倒的に灯油の方が安い事が分かりました。

こう考えるとオール電化で生活している人は大変ですねぇ

コメント

タイトルとURLをコピーしました