3Dプリンターの”Ender3″と”セイジのクラフトロック”で時計作ってみた

3Dプリンターで時計作ってみた 3Dプリンター
3Dプリンター

3DプリンターのEnder3で時計作ってみた

僕の家には時計が無い。

スマホがあるからいいやと思う反面、料理中など手が塞がっているときに不便さを感じていたのも事実。

先日格安3Dプリンターの「Ender3」を買った。

という事で今回はこいつを使って時計を作ってみる。

内容は下記動画と同じ。

時間があるなら動画を見てもらった方がわかりやすい。

よければチャンネル登録よろしくぅ。

ムーブメントには誠時のクラフトロックを使用

時計を作ろうと思ったとき、機構の部分まで3Dプリンターで作成するのは不可能だ。

ムーブメントはセイジのクラフトロックをいうのを使用する。

何種類か大きさに種類があるようだ。

時計の針も同様にセイジのものを使う。

誠時のクラフトロック

開けてみると本体とネジなどの小物が入っていた。

誠時のクラフトロック

サイズを測り設計を行う。

誠時のクラフトロック

3DCADソフトはいつものfusion360

3Dプリンターで時計

時計を3Dプリンターで印刷

印刷には約10時間かかった。

3Dプリンターで時計
3Dプリンターで時計

このサイズでも問題なく印刷できた。

3Dプリンターで時計

ただ、ちょっと失敗したのは、サポートを付けたこと。

そこに剥がれ防止用のサポートをつかたのだけれども、これが要らなかった。

はがすのにめちゃめちゃ苦労した。

というか綺麗にはがすのは無理だった。

裏だからいいか、、、

3Dプリンターで時計

設計段階で開けておいたムーブメントがハマる用の穴も掘り起こす。

3Dプリンターで時計

そこへムーブメントを埋め込み

3Dプリンターで時計

表側からは付属のねじで止める。

3Dプリンターで時計

あとは針を載せて、、、

3Dプリンターで時計

3Dプリンター制時計の完成

いい感じ。

3Dプリンターで時計

設計中眠たすぎてなんでこんな形になったかわかんないんだけど、割と気に入っている。

3Dプリンターで時計作ってみた

今回は3Dプリンターで制作したが、文字盤はベニヤ板等で良いようだ。

これは自由研究などで使えるのではないだろうか。

よければ参考にしてほしい。

ではまたっ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました