ストロボのススメ!中華でいいからストロボ買っとけ、写真が変わる

ストロボ フラッシュ 写真 カメラ
カメラ

ストロボで写真が変わる

※この記事の内容は下記動画と内容が同じです。時間があるなら動画を見ていただいたほうがわかりやすいでしょう。良ければチャンネル登録よろしくお願いいたします。

カメラのアクセサリにはたくさんの種類がある。

三脚、やカメラバックなどは基本的に皆買うだろう。

しかしストロボはどうだろうか。あまり持っている人はいないのではないだろうか。

確かにせっかく小型化に成功した最近のミラーレスカメラが、ストロボをつけることででっかくなってしまう。

暗くてもRAW現像でシャドーを持ち上げればいいと必要性を感じている人は少ないだろう。

しかし、今回私はあえてストロボを買ってみたので感想を述べてみる。

買ったのはGodoxのTT350SとXpro-s

ストロボ本体はこいつ

そしてそのストロボを光らせるためのトリガーはこっち

どっちもgodoxというメーカーの製品だ。

安くて品質もある程度定評があるコスパ製品。

ストロボを使うだけならTT350Sを直接カメラの上にのせる「オンクリップ」という撮影方法もできる。

しかしこれでは真正面から光を当てることになってしまい、のっぺらとした写真になる。

光は被写体の斜めから入るのが良いと経験的にわかっている。

そのためにこのXpro-sを使う。

このフラッシュトリガーと呼ばれる機器は、離れたストロボを光らせるためのものだ。

つまり左手ににフラッシュを持って斜めから照らし、右手のカメラでシャッターを切ればいい感じになる。

実際にフラッシュとストロボを使った写真

ストロボ フラッシュ 写真
ストロボ フラッシュ 写真
ストロボ フラッシュ 写真
ストロボ フラッシュ 写真
ストロボ フラッシュ 写真
ストロボ フラッシュ 写真

このように対象物だけ浮き上がった写真が撮れる。

まとめ

今までこんな感じで使っていなかったストロボだが、使ってみるととっても素敵。

「もう一つの太陽」を作れるという感覚。

自然光主義者も一度使ってみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました