[必読]カメラを始めたいならパソコンに金かけろ

2021年6月10日カメラカメラ,PC,おすすめ,カメラ,ソフト,レンズ

同じカメラとレンズを使っても同じ写真にはならない

日々instagramやTwitterには素敵な写真がUPされる。

それを見て「私もこんな綺麗な写真を撮りたい」と思う人は多いだろう。

私もカメラを持つものとして歓迎する。

出かける動機になるし、お小遣い稼ぎもできるし、綺麗な写真が出来上がったときはとっても満足感がある。

しかし、カメラを始めようと思うと、ある程度機材をそろえる必要がある。

初心者には何を揃えればいいかわからない。

そんなあなたは素敵な写真の投稿者に質問する。

「あなたの使っているカメラとレンズは何ですか?」と。

あなたは「同じカメラとレンズを使えば同じような写真が撮れる」と思ってこの質問をしたのだろう。

しかし、これが大間違い。

たとえ同じカメラとレンズを持って同じ場所から同じ時間に写真をとっても同じ写真にはならない。

なぜなら、SNSに投稿される綺麗な写真は「RAW現像」という加工を施されているから。

例を挙げよう。

これがカメラで撮っただけの写真。

RAW現像

そして以下がRAW現像した写真。

RAW現像
RAW現像
RAW現像
RAW現像

こうやって色や明るさやコントラストを変えることで皆個性を出してるわけ。

撮ったままをそのまま使うのを「jpeg撮って出し」と言う。

それはそれで面白いのだが、同じ状況で撮ると、皆同じ写真になる。

フォトコンテストに応募したり、SNSで人気をとりたいならRAW現像で個性を出すのは必須と言えるだろう。

そしてそのためにはパソコンが必要なのだ。

買うべきPCのスペックと値段

最低限写真を撮るためにはカメラとレンズが必要なのは言うまでもない。

そしてパソコンが必要だという事を前項で述べた。

パソコンはピンキリだが、どれくらいの値段の物を買えばいいだろうか?

それは使用するソフトで決まる。

有名なAdobeのLightroomの必要スペックを見てみる。

lightroom 必要スペック

おすすめされるスペックを見てみるとそれなりにハイスペックなPCである。

Amazonなら下記の物が一応スペックを満たしている。

お金があるならCPUのランクを上げてもいいだろう。

パソコンは「大は小を兼ねる理論」がモロに適用される家電だ。

RAW現像ソフトも忘れずに購入

パソコンを買ったらソフトも必要だ。

よく使われるのが有名なPhotoshopとlightroom

しかしこのソフトはサブスク方式で月額制だ。

そこでお勧めするのがLuminarというソフト

こっちは一回買ったらあなたの物、追加料金はいらない。

RAW現像に必要な機能はすべて揃っている。

そしてAI編集機能がマジで有能。簡単にそれっぽい写真ができあがる。

ちなみに私もこっちを使っている。

まとめ

真面目に写真をやるならまずはPCを買う必要があることをご紹介した。

てかこの記事の内容は、「カメラなに使ってるんですか?」って聞かれた人が教えてやれよ。

普通に機種答えてんじゃねーよ。

きっと真に受けて買った人は「あれ?思ったような写真にならないぞ?、、、」って困惑してると思うわ。

カメラ好きなみんなが幸せになりますように、アーメン。

Posted by mottiy