大三元レンズは不要?写真の用途によっては高倍率ズームレンズで良くない?

カメラカメラ

大三元レンズとは?

大三元レンズっていうのは一言でいうと「解放絞り値がF2.8通しのズームレンズで広角・標準・望遠の3本」の事だ。

つまり明るいズームレンズ3本セットであり、ズームレンズの最高峰とされている。

安いズームレンズはズーム倍率を変更すると、一緒に絞りが動いてしまうのだが、大三元レンズはどのズーム倍率でも任意のF値を使える。

私が持っているα7Ⅲにつける大三元レンズにタムロンの大三元があるので、順に並べてみる。

このうち真ん中の28-78の標準ズームは私も所持しているが、F2.8通しのズームレンズとしてはめちゃくちゃ軽くて小さい。

気軽に持ち出せるし、F2.8からという明るさがあるので非常に使いやすい。

タムロンの大三元は全て小型軽量であるが、広角から望遠までをすべてカバーしようとすると3本のレンズを持ち出すことになる、合計で約1.8kgである。

高倍率ズームとは?画質はどれくらい違うの?

さて本題、最近この携帯性の面で考えて、「大三元よりは画質が悪い」というわれる高倍率ズームレンズでいいのでは?という気がしてきた。

最近タムロンからこんなレンズが出た。

ご覧の通り28から200mmまでカバーする高倍率レンズである。

解放F値2.8からというのは世界初らしい。

これ一本で標準と望遠2本分の焦点距離をカバーするできる。

では、画質がどれくらい悪いのか?

このレンズをソニーのレンズと比較している動画を見つけた。

ソニーのレンズは「f4通し」のレンズだf4のレンズは「小三元」と呼ばれる。

大三元ではないものの、かなり画質の高いレンズとして知られ、比較対象としては十分。ってことで見てみて。

どうだろうか、ぱっと見違いがわからないが、拡大して重箱の隅をつつけば「まぁ多少違うな」というレベル。

撮った写真は何の端末で見るの?どこにUPするの?見せる対象は誰?

前項で高倍率ズームは「拡大すれば気づく人は気づく」というレベルに思えた。

そしてもう一つ私が思うのは、「写真を何の端末で見るのか」という事だ。

皆さんは撮った写真をどうしているのだろうか。

おそらく一番人口が多いライトユーザー層はTwitterやインスタグラムなどのSNSに挙げることを目的としているのではないだろうか。

SNSに載っている写真は基本的に画面の小さなスマートフォンで見る。

スマートフォンで見る人が画面を拡大しながら「ん~隅の画質が甘いな~」なーんてやる?やらないだろう。

つまり、レンズの画質を気にしてるのは撮影者側のみで、実際に見る側はそんなこと気にしていない。

ってことはつまり携帯性や利便性を考えたら高倍率ズームレンズで良いのではないだろうか。

まとめ

もちろん「最高画質を目指すんだ!」というのであれば大三元を買うことになるだろう。

ただ旅行なんかでは小さくて軽いは正義、高倍率を検討するのも、結果的にフットワークが軽くなり、いい写真が撮れるのではないだろうか。

というお話でした。

Posted by mottiy