エアガンにナットを埋め込む方法、試行錯誤の末インサートナットの使い方を学んだ

サバゲーサバゲー

エアガンに3Dプリンタで自作パーツをボルトナット締結したい

現在このプロジェクトが進行中。

【その2】SOCOMmk23カスタム!3Dプリンタとソレノイドを用いて超軽量トリガーを実現する

この中で3Dプリンタで作成した新しいパーツをどう取り付けるか悩んでいた。

エアガン 3Dプリンタ

接着剤は外す時困るし、、、

かといって本体に貫通穴開けてネジ止めするのもな、、、、

ってことで今回は、「エアガンにナットを埋め込む」方法を紹介する。

この方法を見つけるためにフレーム一本をダメにしたこの努力を汲んで欲しい。

エアガン インサートナット

エアガンにインサートナットを埋めこむ方法、やりかた

まず、これを買う。

この商品は

mk23に埋めるためにあるのでは?

と錯覚するほど絶妙な幅、高さでできている。

それと必要なのがハンダゴテ。

やり方は後程説明するが、この方法は温度管理が必要となる。

安いものを使っている私は苦労した。

なので新しく購入するなら温度調節できるものが良いと思う。

それとM3のネジ

まぁ六角でもドライバータイプでも好きなのを選ぶとよい。

ホームセンターでモノを見ながら買うのがいいかも。

あと、あとで切断して長さを調節することになるから、切断工具持ってないならペンチで切れるニッケル素材の方がいいとおもう。

ではさっそく作業説明

まずはボルトにナットを通す。

写真では貫通しているが、作業時は貫通するかしないかのギリギリにとどめる。

エアガン インサートナット 埋め込み

ハンダゴテで穴をあけたい場所を軽く掘っておく。

エアガン ナット

そこにボルトナットを立てて押し付ける。

私は割りばしで挟んでいるが、本当に安定しないので、大人しく先の細いペンチが良いと思う。

エアガン ハンダゴテ

後は簡単、ボルトナットにハンダゴテを当る。

フレームを溶かしながらズブズブと押し込んでいく。

両手作業になるので写真が無いのが悲しいところ。

うまくいけば画像下のように埋め込むことができる。

エアガン ナット

だが、画像では下のナットを見ると、ナット右側に隙間ができてしまっている。

何度やってもナットとフレームの間に隙間ができてしまう。

これはもう避けられないのだと思う。

この隙間を埋めるために「溶接」を行う。

こんな風にいらないエアガンのフレームをガシガシ削って。

エアガン ナット

隙間ののそばに置く。

それをハンダゴテで溶かしながら隙間を塗りつぶしていく感じ。

この作業を行うときに、はんだごての温度が高すぎるとボコボコと気泡が出てしまい溶接どころではない。

ちょっと温度を下げて行うといいだろう。

エアガン インサートナット

成功するとこんな感じになる。

かなり強固に固定されている。

やや見た目は汚いが、どうせ隠れる部分なのでok。

エアガン インサートナット

ボルトの長さの調整には要注意

この埋め込みナットに実際にボルトを通す際には注意点がある。

まぁ考えればわかる事なんだけど、この穴は下まで貫通していない。

つまり下記画像のように、青〇部分が母材に触れる前に、ボルトが締まりきる長さに調節しなければいけない。

私は、ペンチでボルトをぶった切って、ヤスリで先端を整える方法で調節した。

強度面からステンレスボルトを使用したい場合は、金属用のこぎりを使用するといいかもしれない。

まとめ

この方法であらゆるパーツがエアガンに装着可能となるだろう。

夢がひろがりんぐ。

ただもちろん失敗の可能性もあるので、あくまで自己責任でねー

Posted by mottiy