走行中のフロントガラス凍結を完全に防止する方法

,

雪国ではヒーターを付けてもフロントガラスの氷が解けない

一般的に雪が降っている日はフロントガラスヒータを付けるだろう。

窓に向かって温風を吹き出し、フロントガラスに付着した氷や雪を溶かしてワイパーで流し落とすことができる。冬は窓が曇るがこれもヒーターで解決できる。

しかしこのヒーターでフロントガラス全体が均一に温まればいいのだが、実際に温風が当たっているのは一部で、ガラスの端の方は温まっていない。

北海道の極寒地では気温がー10℃を下回る事は珍しくない。この気温で、ヒーターを付けて走行するとどうなるのか。

ヒータで雪が溶け、それをワイパーで引き延ばした所で凍ってしまうのだ

そのうちワイパーが氷の塊となり、まったく機能しなくなる。

しかたなく車を停め、手作業で氷を取り除く羽目になる。

私はこの現象の解決策を見つけた。

ヒーターを切って窓を開ける事でフロントガラスの凍結を防止

何を言っているのかと思うだろうが、理にかなっていると思う。

まずフロントガラスの曇り。これは窓を開ける事で外の乾燥した空気を取り入れるので、そもそもガラスが曇らない。

次にワイパーの氷塊化。これはヒーターを付けていないのでフロントガラスについた雪が解けないので、そもそもワイパーが凍らない。

更にガラコを付けておくと、風で雪が吹き飛んでいくのでオススメ。

まとめ

もちろんこの方法は同乗者がいると嫌われるのでやめた方がいい。

ただスキー場などに行くときは厚着してるだろうし、山への道は極寒だろうからもしワイパーが使えなくなったらこの方法を試してほしい。

Posted by mottiy