「なんで言わないと分からないの?」って言う人に伝えたい事

その他その他

「なんで言わないと分からないの」は関係を終わらせる

男女の間で「何で言わないと分からないの?」という言葉を耳にすることは多い。

大体の場合男性が女性に言われる構図が多いように思う。しかし恋人間でのこの発言は破局の原因ともなりえるように思う。

今回はこの言葉について考えてみたい。

時間が経てばお互いに甘えが生じる

昔から「阿吽の呼吸」と言うように、親しい間柄では多くを語らなくても意思が伝わるという描写は映画やドラマでも頻繁に登場する。

日本の夫婦がお互い「愛してる」と伝えない事は外国人から見るとすごく不思議らしい。

「なぜ愛を伝えないのか?」というと「日頃からの行動で伝わっている」と答えるそうだ。

しかしその主張とは反対に「言ってないから伝わってない」という問題は物凄く耳にする。

「夫に酢を買ってこいと言ったら本当に酢を買ってきた。うちではポン酢を酢と呼んでいるのだから普通ポン酢買ってくるだろ。なんでそこまで言わないと分かんねーのよ」

「嫁に明日着るからすぐシャツ洗っといてって言ったのに干した後アイロンかけてない。普通乾かしたらすぐ着れるようにアイロンかけるだろ、なんでそこまで言わねーと分かんねーのよ」

こんな愚痴をこぼすのは相手に自分の意思が伝わっていないからだ。「これだけ同じ時間を過ごせば言わなくても分かってくれる」という何の根拠もない思い込みが本来必要であるはずの「要求事項」を欠落させる。

「今日はしゃぶしゃぶだからポン酢を買ってきて」「このシャツ明日の夜に着るから洗濯してアイロンかけておいて」

ちょっと言い方を変えるだけで今回のような問題は発生しないはずだ。

これは男女間だけではなく、会社でも言えることだろう。今一度自分の要求を正確に伝えるよう意識してみてはいかがだろうか。

喧嘩している時のなぞなぞは「解決する意思がない」と思われる

これは男性の諸君の方が経験があると思うのだが、「なぜ相手が怒っているのかわからない」場合がある。

今日一日楽しくデートしたはずなのに、家に帰って話しかけても素っ気ない。何かに怒っている事だけはわかる。

「どうしたの?」「何に怒っているの」「俺なんかした?」

と聞いても

「なんでもない」「別に」「今話しかけないで」

いや怒ってるじゃん。どうしても怒っている理由を知りたくてしつこく理由を探っていると

「なんで言わないとわかんないの?」「私の事全然気にしてないんだね」

と言われる。この時言われたほうの心境は

「ああもう早く言えよめんどくせぇなんだこいつ」

である。

喧嘩はお互い何が不満だったのかを話し合って落としどころを探す作業なのに何が不満だったかを言わないんじゃ何も進まない。

そしてこの「怒りのなぞなぞ」の最大の問題は、時間が経てば経つほど悪い方向に想像が膨らんでしまう事だ。

なぜ怒っているかを隠している間、最初は「めんどくせぇ」と思っていた相手は徐々にこう考える。

「うわまだ口きいてくれない」「自分はいったい何をやらかしたんだろう」「もしかしてあの事かな」「いやもっと重大な事を見落としているんじゃないだろうか」「それとも体調が悪いのか!?」

こうやってどんどん自分の行動を遡って思い出していく。真面目な性格であればあるほど悪いほうに想像するだろう。

そして長い沈黙の後、怒りのなぞなぞの答えをお披露目することになる。ただ、それがもし本当に些細などうでもいい事だった場合。

「え?こんな事でずっと怒ってたの?」「俺はこんなどうでもいい事でこんなに悩んだのか?」

となり、「どうでもいいことで周りを振り回す奴」「話し合いで問題を解決できない奴」という不名誉なレッテルが張られる。

一度こうなってしまうと、次回本当に重大な問題が発生した場合にも

「ああ、またなぞなぞ始まったよ、どうせまた大したことじゃないから放置しとこ」

となりかねない。

「なんでこいつは私の事を何もわかっていないんだ」

と思っても冷静にここが気に入らないと相手に伝えたほうがいい。

まともな相手ならきちんと話し合いに応じてくれるはずだ。

まとめ

「なんで言わないと分からないの?」とう発言には何もメリットがない。「バカ」「あほ」と同類の言葉だ。

幾度の話し合いを重ね、何度もこの言葉を使ってくる奴には逆にこう言ってやろう。

「その年になって言わないと分からない事も言わないと分からないの?」

Posted by mottiy