20代の男性の扁桃腺摘出手術体験記録(その6)

2020年2月20日治療治療, 扁桃腺, 病院

入院5~12日目(術後4~11日目)退院

前回の↓

いままで一日単位で病状経過をブログを書いていた。

なぜ今回複数日まとめて書くのかというと、この間全く症状が変わらないからである。

痛みに関してはやはり物を飲み込むとき、非常に痛い。

ロキソニンは欠かせない。

食事も米のみおかゆ。おかずは通常の物だ。

しかし毎度痛くて全部食べることはできない。

喉のカサブタはそろそろ剥がれ始めている。

うがいをすると白い塊が流れていく。

舌の口内炎はすべて完治した。

退院手続き

最後に薬剤師から大量のロキソニンを貰った。

ロキソニン

これで当分の痛みは凌げるだろう。

続いて会計を済ます。

総額は40万を超えたが、高額医療費控除と3割負担のおかげで私の支払いは10万2千円だった。

私の医療保険と健康保険からの補助金などを貰えばほぼペイできる予定だ。

会社に提出用の診断書は別途5400円かかった。

後日取りに来いとの事だ。

体重は約2キロ痩せた。

多分減ったのは脂肪ではなく筋肉だろう。

多分自宅に戻るとおかゆを作るのが億劫になり、更に痩せると思う。

ちょっと筋トレをしなければ、、、

もうすぐ仕事

約2週間の入院生活が終えるわけだ。

したがって仕事に復帰することになる。

そう思うと一気に暗い気分だ。

日中はゴロゴロ、眠くなったらお昼寝、10時に寝て6時半に起きる。

こんな生活から仕事モードに切り替えることができるだろうか。

ゴールデンウィークもしっかり休んだ私は5月の出勤日数は10日しかない。

来月の給料大変なことになってるなートホホ

まとめ

退院時でも喉の痛みが引かない。

てっきり完治して退院するものだと思っていたのでびっくりだ。

まぁ息はすごいしやすくなったし、イビキもでなくなった。

これからは安眠生活が私を待っているのだ。

Posted by mottiy