ビタミンC 大量摂取!「Lアスコルビン」を試してみた

2020年5月30日健康健康,体験談

平成最後の日に発熱

ビタミンC を購入する経緯について。

下記の記事にも書いたが、私は年末に風邪を引いた。

原因は温泉旅行に行った事だ。

中学校の同級生との久しぶりの再会にテンションが上がってしまい若すぎる呑み方をした。しかも一睡もせず、俗にいうオールをいう奴である。

温泉から帰ると体がだるい。二日酔いのせいだろうと気にしていなかったがしばらくすると咳と悪寒が激しくなった。

風邪だと察してからしばらく布団で丸まって寝たのだが体温計を見ると38度を超えている。

病院へ行っても「インフルではない」とだけお告げを頂き、解熱剤で追い返された。

何か打つ手はないかと思っていた矢先、こんなツイートを目にする。

「ビタミンCを大量摂取すれば風邪がなおるよ」

というものであった。

ビタミンC とはそもそも

ウィキペディアに書いてあることを箇条書きするとこんな感じ。

  • 体内で合成できない水溶性ビタミン
  • コラーゲンの合成に使われる
  • 抗酸化作用がある
  • ビタミンEの再生
  • メラニン抑制
  • ストレス予防
  • その他いろいろな合成
  • 風邪の早期治療

よく美容にいいという謳い文句が出回っているが、これはコラーゲンの合成に由来するもののようだ。

水溶性ビタミンなのでどれだけ摂っても尿と一緒に排出されてしまう。そのため、一度に大量摂取するよりはこまめに分けて摂ったほうがいいらしい。

また、ウィキペディアには風邪に対する記述もあり、風邪の治療に関しては多少なりとも効果があるという実験結果がある模様。

我々はこんな大事なビタミンCを体内で作り出せない訳だが、人を含むサル系以外はみんな体内合成できるらしい、なんでやねん。

使うのは粉末系ビタミンC

ビタミンCといえど液体やカプセルなど形状的に数種類ある。

しかし今回はこの粉末タイプを使用しする。

粉末タイプは純度が高いとの事で選択した。

摂取方法もそのまま口に運んだり水に溶いたりゼリーと食べたり応用が利くだろう。

ってことではいこちら

ビタミンC

小瓶を開けると白いサラサラとした粉末が入っている。ちなみにこの付属スプーンはスリキリ一杯で1gである。

ビタミンC

ビタミンCの大量摂取は風邪に効いたのか

前述じたが、ビタミンCは水溶性であり、尿と一緒に出てしまうためこまめに摂取しなければいけないので、4時間に一回3gを摂取する事とする。

寝る前は5g摂ってから布団に入る。

ちなみに味なのだが、「キツいグレープフルーツ」という感じだろうか。水に溶いたら飲めるが、あまり濃度が濃くなるとさすがに厳しい。

すると口に直接放り込んで水で流し込むほうが断然口にやさしい。

そんな感じで二日ほど過ごしてみた結果、効果があったのかというと、正直効いた実感は全くない。

これ飲んでても普通に熱は上がっていったし体調も悪化した。むしろ酸っぱいの飲んだもんで喉が荒れた。

まぁこれ飲まなかったらもっと風邪が長引いてたかもしれないが、私的には効果が見えない薬は薬ではない。

いやそもそも薬ではないのだけれども。

まとめ

結果としてビタミンCにあまり優位な効果は見られなかった。

今後風邪をひいたとしてもビタミンCを摂ろうとは思わないだろう。

ただ、「効いた」という人がいるのも事実なので、病状や体質など個人差があるはずだ。

ぜひ試していただきあなたにとって有用な方法なのか確認してみてほしい。

Posted by mottiy